敏感肌、乾燥肌の辞典

敏感肌、乾燥肌の原因を知ることと、洗顔法や洗顔料などの化粧品の選ぶコツなど

化粧水の種類

一般化粧水
単に化粧水とも呼ぶ。潤いを与えて肌荒れを防ぐために、主に洗顔後の肌に使用する。80%程の水、10%程のアルコールに、グリセリンなどの保湿成分を数%、乳化剤、香料、防腐剤などを配合したものが一般的。アルコールに敏感な肌のため、それを使用しないノンアルコール化粧水も普及している。

アルカリ性化粧水
多くの化粧水が弱酸性もしくは中性を呈する中、少数派とも言える化粧水。ベルツ水(グリセリンカリ液)がその代表で、グリセリン、アルコール、水酸化カリウムなどが配合されたもの。ひび、あかぎれなどに適するが、長期間に渡る使用はアルカリ性の作用により皮膚を薄くする危険性がある。

収斂(しゅうれん)化粧水
アストリンゼンとも呼ぶ。収斂剤の作用により、皮脂の流失を一時的に抑える酸性の化粧水。脂性に適する。収斂作用の成分が配合され、一般化粧水よりアルコールが多量に配合される場合が多い。

拭き取り化粧水
フレッシュナーとも呼ぶ。薄化粧落とし、使用後のクレンジングクリーム、マッサージクリームの除去や、肌を清浄にする(洗顔)目的で、コットンなどに含ませ、それで皮膚を拭き取るように使う。

プレ化粧水
化粧水の前に使う化粧水。後に使う化粧水の、肌への馴染みを高める目的で使用する。
wikipedia